2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クセ毛と湿度

ストロボスコープの順くん。


いつもありがとう。

    IMG_1742_convert_20130510113424.jpg    IMG_1748_convert_20130510113528.jpg




暑くなってきましたね。
もうすぐ梅雨も始まりそうです。

ジメジメな気分を
髪の毛を切って
スッキリしましょ♪
 


少しクセっ毛の順くんも
カットをして手入れが楽になりました。

この季節
クセがいつもより出やすいですよね。


ちょっと髪の毛の話

002.gif

髪の毛のほとんど(85-90%)が、
毛皮質(コルテックス)と呼ばれる
ケラチンタンパク質で
できています。



毛皮質(コルテックス)は硬いタンパク繊維と
柔らかいタンパク繊維の2種類から成り立っています。

この2つが均等に分布していれば直毛に、

偏って分布していると、ねじれ現象を起こして
クセ毛や縮れ毛になると言われています。


また、硬いタンパク繊維は水分を含みにくく、
柔らかいタンパク繊維は水分を含みやすい性質なので、
湿気が多いと不均等に髪が膨らみ、
乾燥した時より髪1本1本の縮れが強くなり、
全体のボリュームが出やすくなると。

また毛髪は、
外部からの水分を髪の内部に保持します。
健康な毛髪の場合、水分量は7~11%に保たれていて、
適温でドライヤーをかけても外部に流出することはありません。
しかし、健康な毛髪は最大35%まで水分を保持することができ、
湿度が高くなる
毛髪は必要以上の水分を吸収してしまいます。



なので髪が広がり
まとまりがなくなるのです!!



しかし毛量調整や
髪質に合うスタイリング剤を選んだり
オイル、ミルク系トリートメントなどで
扱いやすくなります。


梅雨に入る前に
髪を整えることは
お手入れを楽にしてくれます。

まとまらない、広がる。。と
マイナスなイメージが多いですが
クセをいかしたヘアスタイルや
スタイリング剤を上手くセレクトすると
とっても扱いやすく
格好良く決まるんです!


お気軽にお尋ねくださいね。




お問い合わせはこちらから

お店の場所やメニュー表などはこちらでご確認を 





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chizuruhair.blog.fc2.com/tb.php/123-898055ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

美容師千鶴

Author:美容師千鶴
「千鶴の部屋」へようこそ。

私の仕事や好きな事などなど、お気楽に綴っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

お問い合わせ

こちらから

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

私の一枚

彼女の美しい声を聴いてほしい

一瞬で彼女の世界に
引き込まれます
Tabiji 優河
Tabiji 優河

 

Twitter

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。